« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.28

25

25歳になってしまいました。
25にもなれば大人になってるかなと思っていたけれど
まだまだ大人になりきれない子供のままみたいです。


今日から3日間、名古屋へ仕事&休養に行ってきます。


の前にフジロック第一弾発表があったフジロックスレよりryan adams交渉中のビックニュースが!

606 名前:名盤さん[sage] 投稿日:05/02/27 22:14:03 ID:BLKQzmGD
帽子「ライアンアダムスは大好きだから3年越しに交渉してる。 けど変人で難しい。」って。

なかなか来日が決まらないと思ってたらオファーかけてるのにこないのか。 ryanらしいなぁ。

あとpatty griffinイギリスツアーの第一報が!5/31 Lyric Theatre,London
チケットの発売日が3/1。早すぎるよ・・・。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.02.25

記念日

1995年2月28日は何の日でしょう?

Continue reading "記念日"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.24

3年ぶり&7年ぶり

エイミー・マン、3年ぶりの新作は日本先行リリース!
いろんな話題があったので3年ぶりというよりももう出るの!?って感じ。苦難の時を越えて
出したいときに出すことができる喜びっていうのをAimee自身感じてるんじゃないかなぁ。

>ソロとしては初となる待望の来日公演も、本作の売れ行き次第かと思われますので、
>この目で観たいと願うアナタは是非ともお買い求めを!

こう書かれると日本盤を買うしかないんですが劇的に売れるアーティストでもないし
もう売れたから来日という時期を過ぎてるよね。
それよりもオフィシャルからメール出してみるほうが効果ありそう。書いてみますか。
日本での人気考えるとクアトロクラスなら埋まるでしょ?

ポーティスヘッド復活ライヴ、ネット配信中!マッシヴ・アタックらも
近いうちに見てみますです。どこか見た人いないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.21

スコットランドの奇跡 を聴く

以前書いたグラスゴーチャリティライブのラジオ放送が昨日早朝4時からBBCradio scotlandでありました。
仕事だというのに朝4時に目覚ましセットして起きて8時半まで全部聴いてしまいましたよ。

最初の1時間くらいはお目当てのアーティストも出ずまだかまだかと思っていたところmogwai登場。
早朝にスピーカーの前に座って聴く音楽じゃなかったです、、やっぱり生でだよね。
どのアーティストも3~4曲くらいの様子。続いてBell & Sebastian!だんだん目が冴えてきたよ。
The Boy with the Arab strapやI'm a Cuckooなどなど。地元でけっこう歓声大きい。
次はTeenage Fanclub!!1曲目が終わり 次の曲は・・・Your sadness don't lie おおおおお!!
TFCの中の曲で一番好きな"Your love is the place where I come From"不意にきたー!!
こういうフェスのダイジェストの3曲って意外と的外れなことが多いんだけどずばり直球勝負。

1バンド挟んで(ここら辺ちょっと仮眠)、次はTravis!!起きたらsingやってたので
最初のAll I wanna do is rock聴き逃しちゃった。その後の2曲が圧巻!お約束の
Why does it rain on me!すげー大合唱。みんな飛び跳ねてるだろーなー。鳥肌立ちまくり。
ラジオ放送っていろんなことを想像できるという点はいいよね。締めはTurn。
前作は好きじゃなくTravis熱が冷めてたんだけどこういう曲をやると全面降伏。やべー。

今回、一番期待していたIdlewildがついに登場。本日はアコースティックセットだそうで。
最初はYou Held The World In Your Arms(だったように思います。記憶があやふや)
かなりスローでストリングスも入って普段とは違ったこういう趣向もいいなぁ。
最後はまた最高傑作の3rdアルバムからAmerican English。なんなんだこの貫禄は。

次はFranz Ferdinand。最近テレビでよくライブやってるしまぁ特にサプライズなし。
Eddi Readerは若いオーディエンスが多いと思われる中、意外と盛り上がっておりました。
ここ数年の来日公演に行ってなかったことを最近になって後悔しております。

最後は Texas!Sharleenの声が若干おばさんっぽくなってたのは時の流れでしょうか。
もちろん最後の最後にSay what you wantの大大合唱で大団円。

スコットランドの地元の愛を感じたチャリティコンサートはあっという間で
朝からいいものを聴かせてもらいました。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2005.02.14

北朝鮮戦雑感

ロスタイムの決勝点で勝った喜びって続かないよね。
W杯の最終予選の初戦で勝ち点3取ったことで満足しなくちゃいけないのか?偶然が続くと必然なのか?
神様の度重なる強運に強烈なしっぺ返しがいつかくるような気がしてなりません。

1年前の埼玉スタジアムのオマーン戦でコンディションの悪さに苦しめられたのを思い出すと
今回の最初からシリア戦と同じメンバーでいくというのには異論はありませんが
前もって発表するのはそろそろやめにしませんか?
前半、サントスのシミュレーションぽいファールで得たFKを小笠原が直接決め先制。
予期せぬ早い段階での先制点で安堵してしまったのか次第に流れが向こうにいってしまう。
後半開始時点で流れを変えるべく中村なり高原が出るものだと思ってたけど交替はなし。

後半早々早いリスタートからクロスをあげられシュートを打たれたが川口がスーパーセーブ。
この場面、田中マコがファールして審判がイエローカードを提示しようとしてたとこでの
早いリスタートの場合、普通は審判がプレー止めるよね!?
この日の審判はJリーグの2流審判かというくらいファールでピーピーピーピー笛吹いて試合の流れ止めすぎ。

悪い流れの中、ミドルで同点に追いつかれ、中村、高原、残り10数分で大黒投入。
ご存知の通り大黒決勝弾。

次のアウェーでのイラン戦はサントス、田中が累積で出場停止。ジーコが左サイドに指名したのが三浦アツ。
可能性のある選手はがんばってほしいくらいのことを言えないんだろうか。村井や相馬は眼中にないのか。

いつまでこの未来の見えない代表を応援し続けなければいけないのだろうか。
ま、心から応援できるクラブチームがない時点で選択肢はないんだけどね。
すかっと横綱相撲で寄り切る試合を見てみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.08

スーパーボウル ⅩⅩⅩⅨ

午前中仕事を半休してスーパーボウル観戦。今年はペイトリオッツ-イーグルス
チャンネル合わせたらAlicia Keysが歌っておりました。Jewelが国歌を歌った(ぱくぱく?)
98年はまだスーパーボウル何それ?っていう状態だったのでもったいないことしました。
(過去の国歌&ハーフタイムショー出演者)

ハーフタイムショーはポールマッカートニー
スーパーボウルのハーフタイムショーってありえないような豪華な共演を期待しててがっかり
してたんだけど見てたら最後はのめりこんで見ちゃいました。でもハーフタイムショーとしては微妙。
「サンキュー スーパーボウル」ってしきりに言っておられました。

試合はペイトリオッツがあまり好きではないのでイーグルスを応援してたんだけど惜しかった(得点上では)
第3QのイーグルスQBマクナブがまさに針の穴を通すようなパスにはしびれたなぁ。
左と右からパスを阻止しようと横っ飛びした間をすり抜けてTD!で14-14
第4Qは最後ぐたぐたでしたがまあまあ楽しめた試合でした。

NFLとかMLBとかサッカーとは違って試合が止まって時間的余裕があるスポーツで
カメラでうつされる観客席の反応とかボードを掲げてたりするのを見るのが好きなんだけど
去年のMLBの最後のほうはワールドチャンピオン、レッドソックスのバンビーノの呪い関係の
ボードが多かったんだけど印象に残ったのがヤンキースとの因縁の対決で
追い詰められた時にうつった10代の少年が「What's the curse?」ってボードを掲げてて
でも強気じゃなく弱気な表情がツボでした。

イーグルスもスーパーボウル前のNFCチャンピオンシップでここ数年負けているので
レッドソックスとからめた呪い関係がいくつかありましたが
スーパーボウルで印象に残ってるのはマスターカードネタでスーパーボウルのチケット $600
中の一列が思い出せないんだけど最後にイーグルスの勝利   プライスレス と。

Jも去年あたりからゲーフラ増えてきたし、プロ野球も増えるかもね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.02.03

1/24 Ash@福岡ドラムロゴス

かなり時間が経ってしまいましたが久しぶりにライブ行ったのでレポや福岡ぶらぶら旅など。
今回のAshのライブツアー最終公演となった福岡@ドラムロゴス
前回の2001年の来日時は3公演行って初日の赤坂ブリッツがあの911のテロの翌日で
ほとんど寝ずに東京へ行き赤坂の高層ビルを所在なさげに眺めてた記憶が鮮明に蘇ってきます。
前回の赤坂ブリッツでの公演がDVDになって Ash/Tokyo Blitzっていうのが出てて
買って見て映ってなかったなぁと思ってたのですが最近になって見直したらばっちり映ってました。。

そして今回、高速バスに乗り福岡に向かいます。12時頃に天神到着。
いつものとこで食事をして西鉄天神駅のビルの中に移転したタワレコへ。
Bright eyesの2枚のアルバムを買おうか迷って結局荷物になるので買わない。
Bright eyesがいきなり日本でブレイクしたのには昔からのファンには違和感あるなぁ。昔はロキノンの
坂本麻里子だけ騒いでるだけだったしね。ビルボードのシングル売上チャートで1位2位になったから
からきたものだと思うけどVote For Change Tourに参加してたのも驚いた。

おっとまた話がそれた。ドラムロゴスは親不孝通りの奥の長浜公園の前にあるので
ホテルは近いとこでモントレ ラ・スール福岡 か西鉄グランドホテルかで迷って後者に。
2時にチェックイン。ホテル行ったとき荷物お持ちしましょうか?って言われたのには驚いた。
シングル一泊6000円の安さでそんなの言われたの初めてです。
ホテルでゆっくりしてから雨がぽつりぽつりしている中、いざドラムロゴスへ。

開場の時間になり人が集まってきてドリンク代を払って入場、最前列左側に場所取り。
ひさしぶりのライブでなんかこういう忘れかけていた感覚を思い出していくような感じ。
SEはBjork、U2、Killers、Libertinesなどなど。リバのCan't stand me now好きです。

客電が落ち、リック、シャーロット、ティム、マーク登場、大歓声。
一曲目はニューアルバムのタイトルナンバー Meltdown。
正直言ってMeltdownは最初何回か聴いて放置しておりました。
前作のFree All AngelsがAshのキャリアの中で最高傑作だと思ってるしこれほど調和のとれた
ギターポップロックアルバムというのはなかなかないぞと今でもその思いは変わらないわけだけど。
しかし、ロック度が増してライブ映えするMeltdownを聴いてなかったのにライブ始まって後悔。
シンガロングのバンドのライブで曲をよく知らないのは悔しいなぁ。

Ashみたいに10年選手になるとだんだんファン層が二極化して昔の曲に反応するoldファンと
逆な反応の若い10代のファンが流入してきてる感じが顕著だったように思えました。
もちろん前者な私は2曲目のGirls from Marsにおおはしゃぎだったわけで。
Meltdownの中にも次のEvil Eyeとかキラリと光る曲も。
2001年のアンセム"Shining Light""Oh Yeah"と名曲が演奏され
A Life Less Ordinaryの間奏でTimとがっつり握手してしまいました。

アンコールのあとは他どの公演でもやってないenvyをやって
他の公演へ行った人を羨ましがらせたようで。最後はBurn Baby Burnではじけて終了。

絃を何本か切りながらもフライングVかきならすいつも変わらないTim、そうかと思えば
クールダウンしてスロウでメロウな曲をやってるAshというバンドの身軽さ。
前回のほうが曲はよかったけど演奏や福岡の熱さは今回が上でした。ロゴスいいかも。

あー懐かしかった。


1.Meltdown
2.Girl From Mars
3.Cherry Bomb
4.Evil Eye
5.Clones
6.Shining Light
7.Renegade Cavalcade
8.Detnator
9.Oh Yeah
10.Starcrossed
11.Kung Fu
12.Vampire Love
13.A Life Less Ordinary
14.Walking Barefoot
15.Orpheus
--------------------
16.Out Of The Blue
17.Wild Surf
18.Envy
19.Burn Baby Burn

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »