« Jewelこの1年 | Main | 振り返り »

2004.12.31

今年のベスト

stina
1.The World is saved / Stina Nordenstam
今年はとびぬけた1位候補の作品がなかったので難航しましたがStina6枚目のアルバムに決めました。
Stinaの声のまわりをさまざまな音が鳴り織りなすハーモニー。
"And She Closed Her Eyes"に匹敵する作品ではないでしょうか。
Stinaの不思議で美しい魅力というか魔力にどっぷりはまりました。


patty
2.Impossible Dream / Patty Griffin
ファンの間では当初、最高傑作1,000 kissesに遠くおよばないという声もありましたが
私にとっては1位になることは叶いませんでしたが前作とは
違ったアプローチの仕方で満足できるアルバムでした。
今年こそはPatty Griffinの世界を間近で体験しに行こうと思っています。



alison
3.Lonely Runs Both Ways / Alison Krauss & Union Station
またLiveに続くもの凄い作品をAKUSが届けてくれました。
ブルーグラスとアイリッシュポップの違いはあれど2004のCorrsのアルバムのもやもやを
AKUSがすーっと吹き飛ばしてくれたような爽快感。



embrace
4.Out of nothing / Embrace
年またいで買いましたがなんで早く買わなかったんだろうと激しく後悔。
coldplayのクリスが提供したGravityを完全に融合しちゃってるものすげぇアルバム。
君と僕との美しすぎる10編の思い出。You're gone but I still love you.ってことなんだろうけど、
くどくなく最後まで美メロが続いてく。これぞembrace流。ひさびさに興奮しております。



mindy
5.One Moment More / Mindy Smith
2004年最大の発見はなんといってもこの人、Mindy Smith
Alison KraussやEmmylou Harrisなどにも通じるものがあってオススメです。
さっきオフィシャル見て知ったんだけど上のAKUSの#14詞・曲を共作(78へぇ)


wilco
6. The Ghost is Born / Wilco
オルタナカントリー × ジムオルーク





franz
7.Franz Ferdinand / Franz Ferdinand
第一次世界大戦への引き金へとなったサラエボ事件で殺されたオーストリアの皇太子の名前
を由来とするFranz Ferdinand。Rio Ferdinandの存在が霞みました。



smile
8.Smile / Brian Wilson
ここ数年6、70年代のCD買い漁ってもちろんビーチボーイズにもはまってますが
その延長線上で自然とはいっていけましたが新参者なのでついに出たという実感は感じなく。
これ聴き始めたら最後まで止められず聴いてしまいます。


ronsexsmith
9.Retriever / Ron Sexsmith
間違いない。





kol
10. Aha Shake Heartbreak / Kings of Leon
現代風ルーツロックというかナッシュビルという土台の上にいろんな要素を取り込んで
奇想天外な面白いアルバムでした。特に今年はアメリカ・イギリス間の垣根が
取り除かれ相互にいい影響を与えてボーダレス化が進んだよね。





10位まで決めてUPしたあとにNelly Furtadoのアルバムが今年だったのに気づいたよ orz

|

« Jewelこの1年 | Main | 振り返り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17017/2431298

Listed below are links to weblogs that reference 今年のベスト:

« Jewelこの1年 | Main | 振り返り »