« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.31

振り返り

2004終了

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年のベスト

stina
1.The World is saved / Stina Nordenstam
今年はとびぬけた1位候補の作品がなかったので難航しましたがStina6枚目のアルバムに決めました。
Stinaの声のまわりをさまざまな音が鳴り織りなすハーモニー。
"And She Closed Her Eyes"に匹敵する作品ではないでしょうか。
Stinaの不思議で美しい魅力というか魔力にどっぷりはまりました。


patty
2.Impossible Dream / Patty Griffin
ファンの間では当初、最高傑作1,000 kissesに遠くおよばないという声もありましたが
私にとっては1位になることは叶いませんでしたが前作とは
違ったアプローチの仕方で満足できるアルバムでした。
今年こそはPatty Griffinの世界を間近で体験しに行こうと思っています。



alison
3.Lonely Runs Both Ways / Alison Krauss & Union Station
またLiveに続くもの凄い作品をAKUSが届けてくれました。
ブルーグラスとアイリッシュポップの違いはあれど2004のCorrsのアルバムのもやもやを
AKUSがすーっと吹き飛ばしてくれたような爽快感。



embrace
4.Out of nothing / Embrace
年またいで買いましたがなんで早く買わなかったんだろうと激しく後悔。
coldplayのクリスが提供したGravityを完全に融合しちゃってるものすげぇアルバム。
君と僕との美しすぎる10編の思い出。You're gone but I still love you.ってことなんだろうけど、
くどくなく最後まで美メロが続いてく。これぞembrace流。ひさびさに興奮しております。



mindy
5.One Moment More / Mindy Smith
2004年最大の発見はなんといってもこの人、Mindy Smith
Alison KraussやEmmylou Harrisなどにも通じるものがあってオススメです。
さっきオフィシャル見て知ったんだけど上のAKUSの#14詞・曲を共作(78へぇ)


wilco
6. The Ghost is Born / Wilco
オルタナカントリー × ジムオルーク





franz
7.Franz Ferdinand / Franz Ferdinand
第一次世界大戦への引き金へとなったサラエボ事件で殺されたオーストリアの皇太子の名前
を由来とするFranz Ferdinand。Rio Ferdinandの存在が霞みました。



smile
8.Smile / Brian Wilson
ここ数年6、70年代のCD買い漁ってもちろんビーチボーイズにもはまってますが
その延長線上で自然とはいっていけましたが新参者なのでついに出たという実感は感じなく。
これ聴き始めたら最後まで止められず聴いてしまいます。


ronsexsmith
9.Retriever / Ron Sexsmith
間違いない。





kol
10. Aha Shake Heartbreak / Kings of Leon
現代風ルーツロックというかナッシュビルという土台の上にいろんな要素を取り込んで
奇想天外な面白いアルバムでした。特に今年はアメリカ・イギリス間の垣根が
取り除かれ相互にいい影響を与えてボーダレス化が進んだよね。





10位まで決めてUPしたあとにNelly Furtadoのアルバムが今年だったのに気づいたよ orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jewelこの1年

2004年のJewelを振り返るとデビュー以来これほど話題性に乏しく存在感のない年は
なかったんじゃないか?と思えるくらいファンにとっては残念な1年ではなかったでしょうか。

前半はソロアコースティックツアーが好評で次のアルバムへの架け橋となると思いきや
後半はレコーディングのニュースがながれたっきりで音沙汰がなくアトランティックから移籍!?
の話も出て次のアルバムがどこからか無事に2005年に出るのかも危ぶまれる状況で。

ファンサイトの話
前、少し話を出した急成長していたオランダのmichelのサイトが閉鎖され
今はもう情熱がないらしく全体的にファン離れが深刻であり97、98年あたりから世界のファンサイトを見てきて
ますがずっと更新されている大手サイトがほとんどない。
例外の老舗Pieces of UKのサイトが積極的に更新されてますが最近ではアトランティックのJewelのページが
リニューアルされました、次のアルバムへの動きが!?みたいな希望的観測な話をあげてしまうくらい
話題性が乏しい状況を表してるなぁ。
そんな中、英語圏以外の国のサイトとか巡っていると興味深いサイト多かったりして楽しい。
ポーランド語読めねぇ~とか悪戦苦闘しながら。

ともあれJewelとJewelファンのみなさまにとっていい2005年になりますように。

うちも2005年はがんばります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.29

Live at St. Ann's Warehouse / Aimee Mann

aimeelive1今年6月NY,ブルックリンのライブハウスで行われたAimee Mannのライブが早くもDVD+CD化

見終わった後「Aimee Mannらしいライブだったなぁ」と。

淡々と進んでいき派手さとかはなくて自然であってそれで楽曲もいいんだから。
ジャケもそうだけどAimeeを照らすライトの光の作り出す雰囲気もいいよね。

なにも変わらないAimee Mannの世界が味わえる作品です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.12.24

今年のベスト part 1

毎年やってますベストCDなどなどの個人的ベスト企画
今年はいろいろCD買って忘れてるのもあるみたいなので
まずはよかったアルバムを思いつくのから挙げていこうかなと。

The world is saved- stina Nordenstam
Lonely Runs Both Ways - Alison Krauss And Union Station
Impossible Dream - Patty Griffin
A Ghost Is Born - Wilco
Jason Mraz Live at the eagles ballroom - Jason Mraz
Two Way Monologue - Sondre Lerche
Smile - Brian Wilson
Aha Shake Heartbreak - Kings Of Leon
One Plus One Is One - Badly Drawn Boy
The Libertines -The Libertines
Franz Ferdinand - Franz Ferdinand
Hopes and Fears - Keane
Happiness in Magazines -Graham Coxon
From a basement on the hill -Elliott Smith

保留
Harmonium - Vanessa Carlton
Satan's Circus - Death in vegas

女性アーティスト少ないなぁ。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.12.16

ジャイアントキリング

もう涙無しには見れませんでした。天皇杯5回戦 横浜Fマリノス-ザスパ草津
これほど弱者が逆境に立たされた試合での勝利をいまだかつて見たことがなかった。
2002のポルトガルもイタリアもスペインも結局は勝てなかった。

Continue reading "ジャイアントキリング"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.12.11

縁がありませんから・・・。残念!

今日AFNでYou Were Meant For Meがかかってました。なんかうれしいね。
ついに0304最終月となりましたが今年はJewelファンにとっては我慢の一年でした(よね?)
清水寺で今年の一文字「忍」って書きたいくらいに。
そろそろ今年買ったCD振り返りますか。

グラミーのノミネート発表されましたがいつもこれを見ると愛でられているSheryl Crowと
不遇なJewel Kilcherを対比してみてなんかセツナイ。
Patty Griffinが前作1000kissesに続いて最新作impossible dreamでもノミネート。
Pattyのようなアーティストがいいアルバムを作ってそれが目に見える形で
評価されてるのを実感できるのは喜ばしいことですよね。

Best Contemporary Folk Album (Vocal or Instrumental.)

Educated Guess
Ani DiFranco
[Righteous Babe Records]

The Revolution Starts...Now
Steve Earle
[Artemis Records/E-Squared]

Land Of Milk And Honey
Eliza Gilkyson
[Red House Records]

Impossible Dream
Patty Griffin
[ATO Records]

The Unbroken Circle - The Musical Heritage Of The Carter Family
Various Artists
John Carter Cash, producer
[Dualtone Music Group]

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2004.12.02

Live Foreverと90年代とidlewild

liveforever

ワーキングクラスの家庭に生まれて富と名声を得るには
Footballの選手かミュージシャンしかないと言われたこの時代
brit Pop狂乱の裏側で何が起こっていたのか?これを音楽の面だけでなくイギリスという国の
社会の変化とともに描いたこの映画がついにDVD化。早速買って見てみました。

10年前の洋楽にはまっていってた自分の高校生の頃を思い出してしまいます。
Morning Glory買ってすげぇすげぇ言いながら高校の教室で友達と聴いてたよね。
女性Voモノにのめりこんでたのもその頃で今の音楽嗜好の形成はそこで
リアルタイムに感じられた90年代というのが一番思い入れがあるよね、やっぱり。

Live Foreverを見終わってUK熱が再燃してきてドラクエしながらoasis、Blur、Bluetonesなどなど
聴きまくってるわけですが先ほどTVでちょうど24 hours party peopleという映画やってたので
後半1時間だけ見たけど Stone Roses(出てこないけど)やHappy Mondaysなどbrit pop期前の
80年代後半から90年初めの"マッドチェスター"ムーブメントが詳しく描かれてハマって見てしまいました。
エンディングがNew OrderのHere to stayでCDも持ってないのになぜか歌える・・・。

最後にもひとつ話題を。ここ数年スコットランドからいい作品を届けているバンドIdlewild
4枚目のアルバムが完成したそうです。待望の日本ツアーお願いいたします。
来そうで来なくてこれだけ待てたんだからじっと待ちますとも。


90年代の思い出の一枚 "The Sun Is Often Out"-Longpigs

longpigs


| | Comments (0) | TrackBack (1)

« November 2004 | Main | January 2005 »