« May 2004 | Main | July 2004 »

2004.06.28

続 official bootleg

先日Jewelのofficial bootlegのエントリーをあげましたがその続報を。

最初にこういうアメリカでの流れについて理解を深めるのにいい
日本語のコラムを見つけたのでそちらを一読されるとよくわかります。
http://pcweb.mycom.co.jp/column/svalley/083/

続いて27日に米yahooの記事
JewelがClear Channel Communicationsのinstant liveという方式での
CD販売方法に初めて契約したメジャーレーベルのアーティストであるという記事。

Continue reading "続 official bootleg"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

0-0

スウェーデンPK戦で散る。
このチームをもっと見たかった。
W杯の時と同じ感情を抱くほどいいチームでした。
0-0でも面白い試合の典型を超えたものすごい試合。

ラーション、リュングベリ、イブラヒモビッチのイマジネーション溢れるプレー最高だったなぁ。
後半のリュングベリのヒールトラップからの反転シュートしびれました。
オランダはロッベンがあれほどキレキレなのは驚いた。全盛期のオーフェルマルスみたいな。
ポルトガル行けばよかったよ・・・。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2004.06.27

Time has come

いよいよ大一番スウェーデン-オランダ
グループリーグ一位で通過した
スウェーデンの未知なる冒険は続くのか。
僕にとっての1番のヒーローはピクシーであるけれど現役選手の中ではラーション。

仮眠しようと思ったけれど興奮して寝れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.24

そうだ、Austinへ行こう(妄想旅行?)

最近Patty Griffinのライブを見ておきたいなという衝動にかられることが多くなりまして。
日本に来ないなら見に行くしかないと思いながら行くなら何公演か見たいと思って日程と
にらめっこしてるんだけどよさげなところがない。せっかくEmmylou Harrisとかとまわってるのに。

ツアーとは別に気になったのがテキサス州オースチン(Austin, TX)で9月17-19日に行われる
Austin City Limits Music Festival http://www.aclfestival.com/
最近発表されたラインナップはこちら↓

lineup04

ぱっと見、見たいアーティストを挙げていくとSheryl Crow,Pixies,Trey Anastasio,Wilco,Jack Johnson,
Franz Ferdinand ,Ryan Adams,Patty Griffin,G.Love & Speacial Sauce,Shelby Lynne,Ben Kweller,Gomez,
Beta Band,Sloan,Mindy Smithなどなどたくさん。

3月に行われる恒例のSXSW(サウスバイサウスウエスト)が行われることでもおなじみな
この音楽の街austinで開かれるこのフェスでゆったりといろんな音楽に触れ合えたら楽しいだろうなぁ。
3日券通し券で$70、フジロックがグラストンベリーを理想として掲げた通し券のみ(3万強)
の発売とは根本的に違うのだろうとふと思う。
ロラパルーザが中止になりほんとに魅力のあるフェスが残っていくのだろう。
patty griffin3日間とどっちがいいかなぁなんて最後まで結論出ないよなぁ。
どなたか行きたくなっているこの背中を突き落とすくらい後押ししてくれませんか?w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.22

Badly Drawn BoyとElliott Smith

マンチェスターのSSW、Badly Drawn BoyのDVDとCDが出たんでそのことを。

まずDVD。PV集+Live
好きなアーティストであってもPV集って買うのをためらうんだけどこの人のは別。

キスして歯の矯正器具がくっついてはなれなくなる話"Once around the block"や
今年、街頭で8時間弾き語りをしてまったく見向きもされなかったと話題になった
"all possibilities"のPVや自宅で"You were right"をピアノ弾き語りなど
のほほんとした雰囲気で笑顔になれる一枚。
ちらっと奥さん出てくるけどかわいらしい感じでBDBらしい。

続いてCD:One plus one is one
amazonで普通に国内盤を注文しようとして調べてみるとCCCDだったので
UK盤を注文。CCCDかどうか書いててくれよ。。。東芝EMIってのを見て気づいてよかったけどw

ここ2作Have you fed a fish?とabout aboyのサントラに比べシンプルな一枚。
上の2枚はいろんな音、楽器が鳴り、聞き手があまり考えることなしに
理解しやすい親切すぎるくらいに良くも悪くもポップすぎるアルバムだったように思える。
これらに比べ鳴らす音は最小限でまた違ったアプローチの形で原点回帰してて。
親しくしていた人の死が重なったことも影響しているのか。
ブックレットにはこのレコードはElliott Smith,Joe Strummerなどに捧げると書かれている。
#10のLogic of a friendは意識的に作られたElliottテイストの曲ではなかろうか?

大好きだったSSW、Elliott Smithの自殺からいまだにElliottのCDを聴けないでいる。
リアルタイムで好きなアーティストが死んでしまう悲しみに直面するのは
これがはじめてでどうしていいかわからない。でもこういうことなんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.15

イタリア-デンマーク

まさにイタリアらしい試合というかなんというか。両ゴールキーパー神セーブ連発で0-0
だったけれどもチャンスは多くて退屈ってほどでもない試合。デンマークのサイド攻撃など
いいところばっかりでイタリアは攻撃の形ぜんぜん作れてなくて次の試合のメンバーも悩みどころだな。
シーズン中好調だったトッティ、カッサーノの2topなんかよさそうだけどやっぱり
ラツィオのフィオーレとは今日ぜんぜん合ってなかったしな。

この次の試合はいよいよスウェーデン登場。
DFはスヴェンションいなくて不安だけど中盤、トップで圧倒してくれるはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.14

EURO2004

いよいよ4年に一度EURO2004、ポルトガルで開幕!(してからもう4試合終わってますね)
96、2000ともWOWOW未加入であまり見られなかったのだけれでも今年は見れる環境に
しようかなとも思ったけれども"リーガゲッツ"がむかついたままなのでやめときました。
今年はTBSで9試合やるし、今はブロードバンドの普及で韓国などのネットTVでも試合見ることができるし。
(韓国は地上波で全試合放送らしいし、うらやましぃ)

開幕戦はホスト国のポルトガル-ギリシャ
下馬評ではポルトガルの圧倒的有利だと見られてたけどギリシャのカラグニス(インテル)のミドルで先制。
ちぐはぐなDFラインと攻撃も足元と支配率は高くともかみ合わないポルトガルに対して
レーハーゲル率いるギリシャのサッカーはやっぱりドイツっぽい規律の取れたバランスのサッカーをしてて
ポルトガルは2002W杯の二の舞を繰り返しそうな雰囲気になりそうだと思ったら案の定。。。
ポルトCL優勝の立役者デコとマンチェスターUでブレイクしたCロナウドを入れても流れは変わらず1-2で敗戦。

今朝見た、イングランド-フランスはロスタイムにジダンに2発入れられて劇的な逆転負け。
ショックは計り知れないけど残り2戦はスイスとクロアチア。
今回の公式球はベッカムが開発に携わったというアディダスのロテイロ。
これ最近の試合でゴール前のFKかなりの確率で入ってるような。
Jの磐田-市原での名波、日本-インドの俊輔、オマーン-シンガポールでの
オマーン選手のFKでのハットトリックもあったし。
継ぎ目をなくして空気抵抗がなくなって正確に蹴れるとはいうけど
あそこからかなりの決定率で決まると案外おもしろくなくなるかもね。

本日はイタリア登場で寝不足の日々が続きそうです。
応援しているのはラーション復帰のスウェーデン。
2002W杯の神戸ウイングスタジアムで見たスウェーデン-ナイジェリアの試合でのスウェーデンは美しかった。


そうそう忘れちゃいけないのがこのEURO2004の公式ソングは
Nelly FurtadoのForca。決勝戦の前に歌うそうなので楽しみ。
このForcaって曲はあからさまに狙ってサッカーの応援曲みたいに仕上げましたって感じで
アルバムの中では浮いてる。このアルバムFolkroreは
仕事中にかけてるといい感じに調和とれてて仕事がはかどります。
Patty Griffinは決してかけちゃいけない。これもまたのちほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.09

Official Bootleg?

A few months back Jewel announced in Billboard that she'd be making live
recordings of her shows available for purchase after the show... then she
said that her record company vetoed the idea. I guess Atlantic have backed
off because Jewel has partnered with Instalive Concerts to produce the live
copies of her shows. Go to http://www.instantliveconcerts.com for details,
and here's what it says on their website:

Jewelが数ヶ月前にビルボード誌に語ったようにライブの当日にその音源を発売するという試みが
6月10日のSanta Rosa公演から行われるそうです。25$?
(2年前に行ったSanta Rosaいいとこだったなぁ)
この話を知って最初に思ったのがpearl Jamのofficial bootlegみたいだなと。パッケージもね。

これが単純に朗報なとかということはまだこの段階で判断できなさそう。
インスタントでほんとにhigh-qualityのものができるのかとか興味津々。
MLではもうAngelfoodも潮時なのかなとかの話になるとなんだかこっちまで寂しくなります。
Angelfoodというのを簡単に説明4するとbootlegみたいなものにお金を落とさないでファンの間での
ライブ音源交換していこうということがあったのです。
Jewelに関してはbootleg買っちゃだめだよな。こういう交換方法あるんだから。
EDAFにしてもJewelが好きということから派生していった数々の活動も
Jewelの魅力について語る時には必要不可欠なものではないでしょうか。


ここまで書いてきてこんな一文を発見。
This store does not ship to all countries in the world.
アメリカだけかよ!!

次回は気がむいたらJewelファンおなじみのmichel分析なぞをw

PJandL.jpg
96年に行われた伝説のライブ"JewelStock"での1枚。Patty GriffinとJewelとJewel母

We are everyday angels
Be careful with me 'cause I'd like to stay that way
I'm Sensitive /Jewel


| | Comments (4) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »