« April 2004 | Main | June 2004 »

2004.05.28

どこへ行くのか鬼束ちひろ

皆様へ 平素よりメロディー・スター・レコーズWeb-Siteをご覧いただき、厚くお礼申し上げます。

さて、突然ではございますが、弊社に所属しておりました「鬼束ちひろ」に関しまして、
平成16年4月3日を以って弊社とのマネジメント契約を終了いたしました。
皆様に於かれましては、弊社在籍中は多大なるご支援、ご声援を賜りまして誠にありがとうございました。
なお、弊社におきましては同件に関しまして、電話などでのお問合せには一切お答え出来ませんので、
ご了承いただきたく申し上げます。


メロディー・スター・レコ―ズ株式会社


http://www.melodystar.com/artist/040525.html

最近の活動をチェックしてなくていきなり飛び込んできたこのニュース。
なにがあったんだろう?と驚いた。喧嘩別れかな?と思わせるこの文面。

Jewelと出会ったことがアーティストになるきっかけだと言い、Jewelファンの間でも 鬼束好きという人もかなりいて浸透していっていた。 が受け入れられないほど嫌いと言う人もいて。 洋楽と邦楽とのアーティストを結びつけて比較や影響などの話する時には 個々で絶対に相容れないものもあったりするんだろうしね。 私はJewelがきっかけでいいアーティストに出会えたと思ってるし、 ただの移籍騒動で終わってこれからまだまだ歌い続けてほしい。 繊細そうだからなにかと衝突したのかもしれないなぁ。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.05.27

僕とAlanis

95年、高校生の時のAlanisとの出会いが洋楽にはまるきっかけだったと言っても過言ではないくらい
"Jagged Little Pill"を聴いてきたし、そのころの熱中度は確実にAlanis>Jewelだった。

その差が縮まり決定的に逆転したのは生で見た99年の二人のライブ。
Jewelのライブは最初から感動し続けたのに対してAlanisのライブはJLPの曲が聴けたことに対する
喜びだけと言っても過言ではなく期待以上のものを得られることはなかったなぁ。
圧倒的な声の迫力が伝わってこなかったのだ。
6ステージ見て唯一、満足できる出来だったのはフジロックのステージだけ。


Jewelファンよりも葛藤しているのがAlanisファンではないだろうか。
インド傾倒のSFIJからSo-Called Chaosまでの作品でAlanisの声はリスナーに伝わったのか?

Jewelの0304にしても言いたいことをわいわいがやがや言えるのは意外と楽しいことなのかもしれない。
Fiona Appleみたいにずいぶんと音沙汰のないアーティストは待つことしかできない。


去ってしまうことよりも信頼し続けるほうが大変なんだよね。いつか報われる時は来るのか。
報われないにしてもリアルタイムで感じた"Jagged Little Pill"の衝撃は忘れることはない。ずっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.04

Live at Humphrey's by the bay

Jewel初のLive映像作品。0304のそれより前のThis wayの発売前のアメリカでのアコースティックライブ。
なぜに今頃という感じは否めませんがファンが待ちに待った作品であることには変わりなし。


まずJewelのライブといったら私の中では最初はNear You Alwaysなのだけれども
Please don't say I love you,
those words touch me much too deeply
and they make my core tremble
Don't think you realize the power you have over me
And please don't come so close
It just makes me want to make you near me always

もうここだけで魔法にかかったように無防備に心を揺さぶられてしまう。
魔法にかかったままもう丸5年ですよ。

このDVDの楽しみ方はというとあふれる胸、、、、、、ではなくて表情やしぐさ。眉間に皺を寄せ、
感情をそのまま顔に出すJewelって好きだなと再確認するのです。
曲はrosy and mickからbreak meまでの5曲。これに尽きる。


よく考えることなんだけれどアコースティックツアーを日本に呼べなかったのは
日本のファンにとってどれだけの損失なんだろう?
そんなん換算できないけどさ。

cover

Live at Humphrey's by the bay日本盤

発売中!


| | Comments (3) | TrackBack (1)

« April 2004 | Main | June 2004 »